FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スペインの音楽の旅レポートⅥ~コンクール編~

スペイン音楽の旅レポートⅥ
3月9日/Santisteban del Puerto,Jáen
◆XIX Concurso Internacional de Guitarra COMARCA EL CONDADO
コマルカ・エル・コンダード国際ギターコンクール予選

コンクールはサンティステバン市街にある「El Almoraduz, 」で9日に予選、10日に本選が行われました。
会場の「El Almoraduz, 」は元々"Fabrica de Aceite"と白壁に書いてあったのでオリーブオイルを作る工場だったようです。現在は宿泊施設を備えた、多目的な施設として使われている様に感じました。ホールも決して広くはないですが、傍らに暖炉があり、演奏中も薪のパチパチする音が聞こえ、一歩外へでると大きなナツメヤシの木が真っ青な空や、夜の満天の星空に良く合い。日本のコンクール会場とは全く違う、アットホームな不思議な所でした。
さて予選には、世界各国から20名のエントリーがありましたが、7名の欠席者があり、13名で10日に行われる5名の本選出場権を競いました。日本人では小林政貴と渡邊 華がエントリー。もう1名日本人のエントリーがありましたが、残念ながら欠席でした。
予選での規定は時代の違う作品、2曲以上を10分以内で演奏するという事でした。

sinsain.jpg
予選審査員にはピアニストのホセ・マヌエル・クエンカ、マリア・エステル・グスマン、らの顔が見れます。
ゲスト審査員としても私も末席にいます。

concurso4.jpg
コンクールの合間には15分ほど休憩が入ります。所が審査員はその間外に出てコーヒータイム・・。45分ほど過ぎてのんびりと帰ってきました。それから後半の演奏が始まります。聴衆も分かっていて、のんびりした環境で国際コンクールが行われていました。分刻みのスケジュールで日本のコンクールは行われますが、全く違う環境での国際コンクール。結構気に入りました・・?

39 国際ギターコンクール_190503_0022
会場のEl Almoraduzの中庭には大きなナツメヤシの木があります。華さんは次の奏者なのですが審査員の方々がコーヒータイムからまだ帰ってこないので、のんびり待っている所です。

予選の演奏が開始されると、そのレベルの高さに圧倒されました。技術的にはどんな困難なパッセージでも終始余裕があり、聴かせどころを充分に心得た演奏スタイルは、既にコンクール慣れしていることと、ステージ経験の豊富さを感じさせます。その中で日本人2人の健闘も光りました。豪快な外国奏者に対し繊細な表現を信条としたスタイルでしたが渡邊華さんは、ダウランドの「プレリュード」とモンポウのコンポステラ組曲から「プルリュード&ムニェイラ」を、素晴らしい集中力で実力を十分に発揮、見事に本選の切符を手にしました。小林政貴くんもタレガの「アラビア風奇想曲」とタンスマンの「マズルカ」を好演しましたが、残念ながら細かなミスがあり、惜しくも本選には行けませんでした。

39 国際ギターコンクール_190503_0010
予選演奏/渡邊 華
39 国際ギターコンクール_190503_0007
予選演奏/小林政貴

本選に選ばれたのは以下の奏者
Simone Rinaldo (Italia)
Luis Guevara (Chile)
Nicolas Guillén Acevedo Salinas (Chile)
Hana Watanabe(Japón)
Airam de Vera Ramos(España)


3月10日/Santisteban del Puerto,Jáen
◆XIX Concurso Internacional de Guitarra COMARCA EL CONDADO
コマルカ・エル・コンダード国際ギターコンクール本選

本選の課題曲はアンダルシア出身の作曲家の作品を必ず1曲入れ、20分以内で演奏すること。
演奏順にプログラムを記しておきます。

1.Simone Rinaldo (Italia)
Minueto(F.Tárrega)
Homenaje(M. de Falla)
Sonata(A.Ginastera)
39 国際ギターコンクール_190503_0017
優勝したSimone Rinaldo (Italia)

2.Luis Guevara (Chile)
Homenaje(M. de Falla)
Sonata No.1(L.Brower)

3.Nicolas Guillén Acevedo Salinas (Chile)
Homenaje a Tárrega(J.Turina)
SonataⅠ・Ⅲ・Ⅳ(A.José)

4.Hana Watanabe(Japón)
Aire Vascos(A.J.Manjón)
Preludio/Barcarola/Danza Pomposa(A.Tansman)

5.Airam de Vera Ramos(España)
Danza de los Ancestros(L.Wrower)
Raaga(J.Turina)
Sonata Ⅰmov(A.J.Martínez Palacios)


●Resultado(結果)
Primer Premio: SIMONE RINALDO (Italia)
Segundo Premio: LUIS GUEVARA (Chile)
Tercer Premio: AIRAM DE VERA RAMOS (España)
Premio del Público ANDRÉS SEGOVIA(聴衆賞): AIRAM DE VERA RAMOS
Premio Mejor Intérprete Música Andaluza: (※アンダルシア賞)LUIS GUEVARA
※アンダルシアの作品を一番良く弾けた奏者に与えられる。

▲Diploma finalistas: (ファイナリスト:卒業証書)
Hana Watanabe(Japón)
Nicolas Guillén Acevedo Salinas (Chile)

concurso.jpg

310 国際ギターコンクール 本選表彰式_190503_0008
ファイナリスト/卒業証書の授与と景品のオリーブオイル
頂きました。

concurso1.jpg
ファイナリスト・コンクール主催者ムニョス氏、リナレス市長とのスナップ

本選を聴いた印象は予選と同じで、特に1位のSimoneは圧倒的な演奏能力の高さを感じました。全体に演奏曲はコンクールである事から技巧的な作品を選曲した奏者が多く、テクニックで圧倒させる印象があり、もう少し深みのある音楽も聴きたいと感じました。渡邊 華さんもハイレベルな国際コンクールで自分らしさを見失わず、良く健闘してくれました。惜しくも本選に残れなかった小林政貴くんも同様にこの貴重な体験を今後に生かしてくれると思います。

39 国際ギターコンクール_190503_0002
9日の予選会のあとの夕食会。沢山の方々と交流することが出来ました。

310 国際ギターコンクール 本選表彰式_190503_0001
10日のコンクール終了後はリナレス市長が私達を招待してくれました。私の方からは会津の「赤べこ」をプレゼントしました。スペインは闘牛が国技?ですからとても喜んで頂きました。

これで、コンクールも無事終了し、~スペイン音楽の旅~の「音楽編」は予想以上の成果と感動的な体験の連続でした。この「スペイン音楽の旅」の実現は、私にとって大きな夢物語でしたが、企画して頂いた手塚健旨さんには感謝の言葉では済まない位お世話になりました。また、それ以外でも家族の理解や、多くの方々の協力がなければ実現出来なかったことは間違いありません。そして、この旅を最高の形で実現できた大きな理由として、積極的に参加してくれた11人の仲間たちへ心からの感謝と御礼を申し上げます。
スポンサーサイト

スペイン音楽の旅レポートⅤ~コンサート編Ⅲ~

スペイン音楽の旅レポートⅤ
3月8日/Carolina Iglesia de Navas de Tolosa
◆ カロリーナ:ナヴァス・デ・トロサ教会コンサート

Carolina_pro1.jpgCarolina_pro2.jpg

宿泊先のリナレスからバスで30分ほど北東にある小さな町、カロリーナにある、ナヴァス・デ・トロサ教会でのコンサート。
このコンサートが全員の参加による最後のコンサートでした。到着した時は夕景の美しい時でした

carol1.jpg
小さな広場に教会があり、素敵な佇まいでした。

calorina_2.jpg

38 リナレス⇒カロリーナ 教会コンサート_190503_0013
ユーモアのある神父さんの挨拶。練習中にやってきて、
譜面台にある楽譜をサッと逆さまにされてしまいました(笑)・・・。
 
38 リナレス⇒カロリーナ 教会コンサート_190503_0009
ギター独奏/渡辺 隆

38 リナレス⇒カロリーナ 教会コンサート_190503_0005
ギター2重奏/山岡祐子・小林政貴

38 リナレス⇒カロリーナ 教会コンサート_190503_0002
ふくしまギターアンサンブル


●コンサート動画





途中で教会の鐘が鳴ります!



スペイン音楽の旅レポーⅣ~コンサート編Ⅱ~

スペイン音楽の旅レポートⅣ
3月7日/Linares Museo Andrés Segovia:
◆ リナレス市:セゴビア博物館コンサート

LInares_pro2.jpgLinares_pro1.jpg

「スペイン音楽の旅」のメインとなるコンサートが、この日行われるセゴビア博物館でのコンサートでした。ホテルから15分ほど歩いてセゴビア博物館へ。まずは博物館に展示されているセゴビアの使用したギターやステージ衣装、世界中で演奏した時のプログラムや、各国から与えられた勲章などを興味深く見学。その後はホールでのリハーサル。そして本番。コンサートは、まず渡辺の独奏で30分。その後、山岡・小林の2重奏。そして最後は全員による合奏で、2曲演奏しました。盛大な拍手に答え、アンコールにマルキーナの「エスパニア・カーニ」を演奏し、コンサートの幕を閉じました。終演後は聴きに来てくれた多くの聴衆の方々の温かい言葉をかけられ、コンサートの成功を実感しました。想い出に残るセゴビア博物館でのコンサートでした。その後は近くのレストランで地元の主催者や関係者との交流会、打ち上げ?を行い美味しい料理とワイン等を飲みながら楽しい時間を過ごしました。とても充実したセゴビア博物館でのコンサートでした。

201937 セゴビア博物館 リナレス_190503_0029
セゴビア博物館1 

201937 セゴビア博物館 リナレス_190503_0033
セゴビア博物館2

201937 セゴビア博物館 リナレス_190503_0026
セゴビア博物館3

201937 セゴビア博物館 リナレス_190503_0009
ふくしまのギタリストたちによる全員合奏


201937 セゴビア博物館 リナレス_190503_0015
ギター独奏/渡辺 隆

201937 セゴビア博物館 リナレス_190503_0016
ギター2重奏/山岡祐子・小林政貴

●コンサート動画








201937 セゴビア博物館 リナレス_190503_0008
終演後のパティオ(中庭)にて

201937 セゴビア博物館 リナレス_190503_0003
終演後の交流会

201937 セゴビア博物館 リナレス_190503_0001
リナレスの夜、楽しいひと時が終わりました。
お疲れ様でした!!



スペイン音楽の旅レポートⅢ~コンサート編Ⅰ~

スペイン音楽の旅レポートⅢ
~アルムニェカル~ホテルコンサート・~

3月3日に日本を出発してスペインのマドリッドに夜到着。一泊してマドリッドからアンダルシアの海岸の都市マラガまでAVE(高速鉄道)で一機に移動。それからバスで海岸沿いのリゾート地アルムニェカルへ。ここからが5回予定しているコンサートの開始となります。順次紹介していきます。

◆3月5日/Almuñecal Hotel Helios Salon
   =渡辺隆と門下生によるコンサート=

Hotel Helio_pro

このホテルは何処のルームからでも地中海が見えます。アルムニェカルでもとても人気のあるホテルでほとんどの客がスペイン人以外方でした。サロンは地下にあり、会議室でもありますが、音は結構響きました。

演奏会にて_190503_0028
ギター独奏/渡辺隆

演奏会にて_190503_0026
ギター4重奏/山岡祐子・古河緑・湯田奈美・渡辺隆

演奏会にて_190503_0025
ウクレレ/中條達也

演奏会にて_190503_0023
ギターアンサンブル/佐藤勝子・古河緑・山岡祐子・湯田奈美・壁谷幸子・中條達也・渡辺隆

◆プログラムの中から4曲を抜粋してyoutubeで紹介します

ギター独奏/渡辺 隆
演奏曲/一輪の花(J.ブロカ)


ウクレレ独奏/中條達也
演奏曲/津軽海峡冬景色(三木たかし)&クレイジーG(ハワイ民謡)


ギター4重奏/山岡/古河/湯田/渡辺隆
アンコールで2曲演奏しました。
演奏曲/さくら(日本古謡))、.(E.グラナドス)


演奏曲/ジェラシー(J.ガーデ)



◆3月6日/Almuñecal Hotel Helios Salon
  小林政貴&渡邊 華ジョイントコンサート
2人にによるジョイントコンサートは2回行われました。1回目は昨日の3月5日にアルムニェカルから車で約40分ほどのトーレ・デ・マール音楽院で行われました。ホテルのコンサートと同じ頃行われたため、聴けばかったのは残念でした。

演奏会にて_190503_0019
小林政貴
演奏曲/アラビア風奇想曲(F.タレガ)&マズルカ(A.タンスマン)&演奏会用断章Op.54(F.ソル)

演奏会にて_190503_0016
渡邊 華
演奏曲/プレリュード(J.[ダウランド)&プレリュードとムニェイラ~コンポステラ組曲より~(F.モンポウ)
プレリュード・バルカローレ・ダンサ・ポンポーサ~カバティーナ組曲より~(A.タンスマン)

演奏会にて_190503_0014
ギター2重奏 
※アンコール曲
演奏曲/さくら(日本古謡)&オリエンタル(E.グラナドス)

演奏会にて_190503_0021
終演後コンサートを聴きに来てくれた皆さんはこのホテルに宿泊している方々で、ほとんどスペイン以外の方々でしたがとても熱心に聴いてくれました。


スペイン音楽の旅レポートⅡ

スペイン音楽の旅レポートⅡ

=3月8日=コルドバ⇒ウベダ⇒カロリーナ
この日は早朝からコルドバの聖マリア大聖堂にあるメスキータを見学、その後宿泊先のリナレスを飛び越え、オリーブ畑に囲まれた高原の古都ウベダに向かい、NHKでも紹介されたレストラン「エスタシオン」で昼食を取り、世界遺産となっている古い街並みを見てきました。

◆コルドバ
バスはアンダルシア州を流れるグアダルキビール川沿いにバスを降り、一気に町の中心テンディリャス広場に直行する。何故かというと12時丁度に時計台からフラメンコギターの音楽が流れるので、それを聴くためでした。12時丁度に流れたようですが、あまり聴き取れなかったのは残念!その後、待望のメスキータを見学。およそ6世紀ごろからイスラムのモスクが建てられ、11世紀ごろからカトリックに変貌していく様子が目の当たりに見てとれたのがとても興味深い事でした。
cord2.jpg
メスキータ1

cord6.jpg
メスキータ2

cord4.jpg
テンディリャス広場はコルドバの中心地。12になる時計台からのギターは周りの騒音であまり聴き取れませんでした。

cord3.jpg
ラファエル・オロスコ音楽院

cord5.jpg
コルドバ市内の通り



◆ウベダ
NHKの番組でも取り上げらえたレストラン「エスタシオン」での昼食を食べ、その後世界遺産として登録されたエル・サルバドル教会やカルセル・デル・オビスポ (Cárcel del Obispo)その周辺の旧市街地を観光してきました。 静かな佇まいでしたが、古い歴史を感じる所でした。

esta1.jpg
ウベダといえばこのレストラン「エスタシオン」

esta2.jpg
本当に美味しいパエリャでした。店内は昔の汽車に乗っているような感じ。

ueda4.jpg
エスタシオンから旧市街地までを歩いていくとここでも一面のオリーブ畑が広がっている。

ubeda5.jpg
バスケス・デ・モリーナ広場の世界遺産の「エル・サルバドル聖堂」

ubeda1.jpg
バスケス・デ・モリーナ広場にて

ubeda3.jpg
世界遺産の「カルセル・デル・オビスポ 」現在は裁判所だそうです。

ubada2.jpg
旧市街の通り

◆カロリーナ
カロリーナはリナレス市の北西部にある小さな村、夕方からそのちの教会でのコンサートがあり、美しい夕景を見ながらバスで40分ほどで着きました。小さな広場に沿ってその協会がありましたが、とても素敵な教会でした。協会は日本で言う集会所を兼ねているのでしょう。コンサートが始まり時に鐘が鳴ります。神父さんは愛想が良く、チョット変わった方でしたが、大変お世話になりました。また、演奏中でも、客の入りが少ないとまた鐘を鳴らし、村の方たちにコンサートに来るよう促していました。そのシーンは次のコンサート編をぜひご覧ください。
carol1.jpg
ナヴァス・デ・トロサ教会

carol3.jpg
ナヴァス・デ・トロサ教会わきの街燈

carol2.jpg
ナヴァス・デ・トロサ教会
“Cristo murió para nostros”~キリストは私達のために亡くなりました。
と書いてありました。


=3月9日~10日=サンティステバン・デル・プエルトへ

◆サンティステバン・デル・プエルト
午前中からサンティステバン・デル・プエルトで行われる「コマルカ・エル・コンダード国際ギターコンクール」の審査に参加するため、早朝からこの旅のコンサート準備で大変世話になっている、ホセ・マヌエル・クエンカ氏の車で、1時間30分ほどかけてサンティステバンへ向かう。午前中はサンティステバンの音楽院で、子供たちのためのマスタークラスを担当しました。9人ほどレッスンしましたが、1人13歳の少年はサンスの「カナリオス」とバリオスの「舟歌」を大変上手に演奏していました。上級者のクラスは、マリア・エステル・グスマンが担当。途中少しだけ聴講しましたが、18歳の青年(このコンクール主催者ムニョス氏の御子息)でしたが、ソル「ソナタop15]を見事に演奏していたのも印象に残りました。午後は隣の村まで行ってコンクールの関係者と昼食。その後はサンティステバンの「Casa El Almoraduz」でコンクールの予選が行われました。尚、9日の本選会までのコンクール内容については次回「コンサート・コンクール編」までお待ちください。

santi1.jpg
ホテルについてから近くを散策、あまりの空の色の青さに思わずパチリ!

santi6.jpg
公園も南国風です。

santi2.jpg
街並みから、サンティステバンの城址?


=3月11日(月)=アランフェス⇒トレド⇒マドリッド
コンサートとコンクールを全て予定通り、終了しリナレスからアランフェス、トレドを巡り最終地マドリッドまでの南から北への
旅となりました。天候も恵まれ絶好の旅行日。トレドでの昼食は高級カモ料理を高台のパラドールで味わいました。トレドでは買い物を含め帰国の準備に入った気がしました。

aran1.jpg
アランフェスまでのドライブ中に休憩。日本でいうドライブイン、何かチョット雰囲気が似ていました。

◆アランフェス
ロドリーゴの作曲したアランエス協奏曲」で有名となったアランフェス宮殿をロドリゴ夫妻の新婚旅行の時に歩いた場所を再現すべく楽しみにしていましたが、残念ながら休館日のため宮殿の中には入れませんでした・・。とは言え、快晴の空の下、宮殿の庭を散歩するのも良い感じでした。でもチョット暑かったです。また駐車場に行くまで色々なお店があり、特に豊富な果物を売っている店が目立ち、そこでかった イチゴは本当に甘くて美味しかった。

aran3.jpg
噴水が涼しそうでした。

aran2.jpg
花が咲くのはもう少し先ですね。


aran4.jpg
スペインは自動販売機をほとんど見かけません、珍しので飲もうとしたら壊れていて使用不能でした。


aran5.jpg
スペインは本当に果物が美味しいです!あまり見たことのない果物や野菜があるものですね。

◆トレドへ
43年ぶりのトレド。まず昼食のため高台にあるパラドールへ。ここは食事もさることながら、ここからトレド全景を見れるのがもう一つの魅力となっているようです。眺めは食事をする方のみが許されるのでしょうね。昼食のカモの肉を人数分の13羽を予約していましたが、猟師が7羽しか取れなかったという事で、みんなで分けて食べましたが、それでも持て余すくらいの量。もう食べきれませんでした。カモ肉を堪能していよいよトレド市街へ・・? 所が、バス停から少し歩くとエスカレータ乗り場があるではありませんか!そこから全くイメージが崩されました(笑) トレド市街は道が細く迷路になっているので、トレドの名産象嵌細工や陶器等のショッピングがメインになるようです。

toledo1.jpg
パラドール・トレドからのトレドの眺望

toledo4.jpg
パラドール・トレド

toledo2.jpg
トレドの全景を眺めながらカモ料理を楽しむ・・.。

toledo3.jpg
これが噂のカモ料理。

toledo5.jpg
トレドの通り。象嵌細工や陶器、等沢山のお土産屋さんが並んでいます。

toledo7.jpg
トレドの通りは本当に狭い。

toledo6.jpg
トレドの中心地


◆マドリッド
旅行初日に宿泊したホテルと同じだったので、少しホッとしました。さてマドリッドの夜は、これまた待望のフラメンコを見に行く事になっていました。所が、さすがに旅の疲労が出たのか、フラメンコを鑑賞しながら寝てしまう、というもったいないことをしてしまいました。とは言え、フラメンコのサパテアード、パルマ、そしてカンテ、ギターと一体となり、感動的なステージだったことは間違いありませんでした。
madr7.jpg
情熱あふれるフラメンコ!
madr8.jpg
ギターソロも披露。

=3月12日(火)=
◆マドリッド
今日はマドリッド観光。午前中はプラド美術館、昼食後は自由時間を設けてショッピングやレティロ公園の散歩。またギター制作家カシミロ・ロサーノ兄弟がホテルにわざわざ来てくれたので、ギターのメンテナンスをして頂いた。スペイン最後の夜はホテル近くのレストランでネギ料理?で最後の晩餐。

madr6.jpg
43年ぶりのマヨール広場。ここはほとんど変わっていなかった。懐かしい。

madr4.jpg
プエルタ・デ・ソルはマドリッドの中心地。ここも懐かしい・・1975年フランコ将軍が危篤状態の時にたまたまここにいた。当時、ここはテロで危険な状態だった、人が誰もいないこの広場にいたのは国家警察のみ・・銃口がこっちを向いている・・地下鉄の入口まで遠かったこと・・階段を下りてホッとしたことを覚えている。
その地下鉄に乗ってみた・・ハイテクで全く乗り方が分からない・・やはり怖かった・・。

madr5.jpg
このプエルタ・デ・ソルは日本橋と同じで、スペインの道路の起点はここから!

madr.jpg
レティロ公園は市民の憩いの場。日本と同じくイヤホン付けてジョギングする人、色々な楽器での思い思いの演奏をする人、手作りの工芸品や絵を売る人。見ているだけで結構面白い。このカメラは銀塩カメラ。かなりアンティックな代物だ、どうやって現像し、客に渡すのだろうか?

madr3.jpg
レティロ公園のバルにて43年ぶりのビールを飲む・・うーんこれは時代を超えても美味い!

「コンサートコンクール編」は後日アップします。

プロフィール

渡辺隆

Author:渡辺隆
福島県郡山市に住むクラシカルギタリスト。ギター教授。ギター演奏グループ「ギタリスタス“あだたら”」主宰

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
みちのくの里にギターが響くよ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。