スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第37回ギタリスタスあだたらギター演奏会開催のお知らせ

今年も9月17日郡山市ミューカルがくと館中ホールにおいて「第37回ギタリスタスあだたらギター演奏会」が行われます。
 今年の話題は何といっても日大学芸術学部2年生になった渡邊華さんです。今年の7月26日東京江東区の豊洲シビックセンターホールで行われた第42回GLC学生ギターコンクール大学生の部で見事優勝しました。これで高校生の部で2度優勝を含め3度目の優勝になります。一段と成長した彼女の演奏をぜひお楽しみに。

そして今年は本間優くんが新しいメンバーとして出演します。本間君は大学時代からギター部で活躍し、私の所で2012年から熱心にギターの研鑽を積んできました。しかし3年ほど前に左手を骨折し、1年ほど演奏出来ずリハビリに励むという苦しい期間がありました。まだ完全ではありませんが彼のギターへのひた向きな思いをぜひお聴きください。

37adatara_tirasi.jpg
スポンサーサイト

渡邊 華さんがGLC学生ギターコンクール大学生の部で優勝しました。

DSC_1802.jpg

 7月26日東京の豊洲シビックセンターホールで第42回GLC学生ギターコンクールが行われ日本大学芸術学部2年在学中の渡邊華さんが大学生の部で見事に優勝しました。
華さんは高校在学中、同コンクール高校生の部で2年連続優勝しています。大学生の部での優勝は初めてですが、本選会ではマンホン作曲「バスクの歌」を鮮やかなテクニックと豊かな表現力により審査員の高い評価を受けました。今後もさらに研鑽を積み、多方面での活躍を期待したいと思います。これまで支えてくれたご家族の皆さん。そし親身になって応援してくれた門下生の皆さんにも心から感謝です。
42Glc Hana Watanabe2
表彰式で賞状を授与される。

DSC_1803.jpg
豊洲シビックセンターホールはステージのバックの反響版がガラスで出来ています。
夜になると外のビルの明かりが美しいですね。

2017年ギター合宿

2017gasyuku1.jpg

今年も休暇村裏磐梯で、恒例のギター合宿が行われました。
4年連続で天候に恵まれ、晴れ女に感謝しつつ?とても有意義で楽しい合宿でした!
午前中は、あだたらギターアンサンブルメンバーで6重奏による
ショスタコービッチの「セカンドワルツ」の練習。
午後は2時からは3時間半を超えるミニコンサート?
夕食後は今年で3回目のアフターディナーコンサートが行われ、
フルートとギターのアンサンブル、ギターの2・3重奏。
そしてコンクール参加予定の3人のソロ、最後にドゥノールギターアンサンブルの
「コーヒールンバ」で見事に締めくくりました。
その後は親睦会で盛り上がり、ギター2重奏、3重奏、4重奏、独奏あり
にぎやかな交流の場となりました。

2017gasyuku2.jpg
レンゲ沼にて 高原の緑色かおりが身体全体に漂っていました。

2017gasyuku4.jpg
あと700日で90歳?ともかく「琴線に触れる演奏」でした。
また来年の演奏を心から期待していますよ!

2017gasyuku5.jpg
アフターディナーコンサートでの華さんの演奏。

2017gasyuku6.jpg
ドゥノールギターアンサンブルの「コーヒールンバ」で見事に締めくくりました。

2017ギター合宿写真集

鎌倉にて

<DSC_1415.jpg

5月3日クラシカルギターコンクールを観戦してきました。2次予選課題曲V.ロボスの「プレリュードNo.4」でしたが、この作品が課題曲に相応しかったのかは若干疑問が残り、結果としてもそれが影響したように感じました。とはいえ入賞者の3人は立派な演奏でした。1位尾崎琴音さん、2位木村愼一郎さん、3位山口莉奈さん、心からおめでとうございます。
次の日は恒例の鎌倉散歩というより登山??建長寺から覚園寺までの天園ハイキングコースを楽しみました。ゴールデンウィークという事もあり、かなりの人出でしたが結構楽しめました。境内では「東北げんき市場」が開かれてい名産の販売や法堂では津波で流された写真などが展示されていました。そして特に建長寺で開かれていた書道家の金澤翔子さんの書道展には感動でした。とはいえ全く書道とはかけ離れた私なので、語る資格は無いのですが、本物を見ると凄かったです。圧倒される生命力!まるで生物のような書でした。彼女はダウン症です。この日は母親と一緒でしたが、自分の本を買った人には丁寧に時間をかけてサインをしていました。その時の澄んだ眼差しも印象に残りました。素晴らしかったです。買ってこなかったのが悔やまれます…。
ハイキングは半増坊までの階段そして更に勝上獄展望台まではキツ~イ登り(^^;)を登り切り、それからは結構危ないコースを覚園寺に向かって降りる感です(ここまで登れば当然ですね)。覚園寺についたのが16時を回った所。もう誰もいません。ここは本当に静かです・・。小鳥の済んだ鳴き声と西日をいっぱいに受け、黄金色に輝く木々の美しさにやはり鎌倉でしたね。

DSC_1430.jpg
建長寺境内のツツジ

DSC_1433.jpg
よく手入れされたボタンは満開でした。


DSC_1454.jpg
金澤翔子さんの書道展、上野の森美術館でも9月23~30日まで開催されます。
興味のある方はぜひ見に行ってください。

DSC_1452.jpg
般若心経ですね

DSC_1457.jpg
半増坊までは300段近く登ります。

DSC_1473.jpg
勝上獄展望台から見る鎌倉の眺望


DSC_1489.jpg
天園ハイキングコース

DSC_1501.jpg
覚園寺の薬師堂
しずかです・・・・・



虹の木のかなたへ~ギターと口笛によるコンサート~

2017-03-05 虹の木のかなたへ 713

 3月5日「ふくしま再生プロジェクトの会」の主催によるギターと口笛による「虹の木のかなたへ」のコンサートが行われました。会場となったメグレズホールのステージは広すぎました?が、良い響きのホールでした。今回は口笛の世界大会で優勝している口笛奏者の柴田晶子さん、そしてピアノとピアニカを担当した藤野恵美さんとのコラボを交えた贅沢なコンサートを行いました。初めにふくしま再生プロジェクトの会代表の田母神顯二郎先生の挨拶から始まり“ギタリスタスあだたら”からは渡辺 隆・山岡祐子・小林政貴そして東京から駆けつけてくれた渡邊 華が出演しました。第1部は口笛とピアノでビゼーのカルメン組曲などさすが世界一の美しい口笛で感動しました。その後はギターソロで小林政貴・山岡祐子・渡邊 華がこの響きの良いホールで実力を十分発揮してくれました。第2部は田母神先生の二本松出身の長田弘氏の朗読等があり、柴田晶子さんの口笛と渡邊華のギターによる演奏で」コンドルは飛んで行く」や「ニューシネマパラダイス」などとても魅力的な演奏が聴けました。以下はyoutubeで演奏を聴いてくださいね。


アンコールで演奏しました。口笛の柴田さんとピアニカの藤野さんは急遽アンコールに参加、
とても即興とは思えません。楽しいコラボでした。


柴田さんもタンバリンを担当。口笛がとても合いますね。


こちらも楽しく演奏出来ました!!


この作品は昨年12月に亡くなられた佐藤弘和さんの作品です。その追悼の気持ちもあって今回この作品を取り上げました。この曲は未出版でしたが、献呈されたアルポリールギタートリオのご厚意で楽譜を入手ることが出来ました。感謝の気持ちでいっぱいです。
 さて、の作品はスペインの名チェリスト、パブロ・ザルスが祖国のペイン内戦を憂い、ホワイトハウスで反戦を訴えるため演奏した「鳥の歌」を題材にしていることは明白です。彼は演奏する前に「私の故郷カタロニアの鳥はピース、ピースと鳴く」という有名な言葉を残して演奏しました。さて、今日は期しくも3月11日、東日本大震災日です。多くの尊い命が奪われた鎮魂の日でもあります。私の故郷福島、とりわけ第1原発の上を飛ぶ鳥はどんな言葉で鳴いているのでしょうか・・・?私たちの未来はいま原発で働こうとするロボットにかかっています・・・?将来、廃炉が終了したときこのロボットたちはどんな言葉で人間を語るのでしょうか?遙か遠い天国で聞いてみたいものです。


プロフィール

渡辺隆

Author:渡辺隆
福島県郡山市に住むクラシカルギタリスト。ギター教授。ギター演奏グループ「ギタリスタス“あだたら”」主宰

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
みちのくの里にギターが響くよ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。