FC2ブログ

スペイン音楽の旅レポートⅡ

スペイン音楽の旅レポートⅡ

=3月8日=コルドバ⇒ウベダ⇒カロリーナ
この日は早朝からコルドバの聖マリア大聖堂にあるメスキータを見学、その後宿泊先のリナレスを飛び越え、オリーブ畑に囲まれた高原の古都ウベダに向かい、NHKでも紹介されたレストラン「エスタシオン」で昼食を取り、世界遺産となっている古い街並みを見てきました。

◆コルドバ
バスはアンダルシア州を流れるグアダルキビール川沿いにバスを降り、一気に町の中心テンディリャス広場に直行する。何故かというと12時丁度に時計台からフラメンコギターの音楽が流れるので、それを聴くためでした。12時丁度に流れたようですが、あまり聴き取れなかったのは残念!その後、待望のメスキータを見学。およそ6世紀ごろからイスラムのモスクが建てられ、11世紀ごろからカトリックに変貌していく様子が目の当たりに見てとれたのがとても興味深い事でした。
cord2.jpg
メスキータ1

cord6.jpg
メスキータ2

cord4.jpg
テンディリャス広場はコルドバの中心地。12になる時計台からのギターは周りの騒音であまり聴き取れませんでした。

cord3.jpg
ラファエル・オロスコ音楽院

cord5.jpg
コルドバ市内の通り



◆ウベダ
NHKの番組でも取り上げらえたレストラン「エスタシオン」での昼食を食べ、その後世界遺産として登録されたエル・サルバドル教会やカルセル・デル・オビスポ (Cárcel del Obispo)その周辺の旧市街地を観光してきました。 静かな佇まいでしたが、古い歴史を感じる所でした。

esta1.jpg
ウベダといえばこのレストラン「エスタシオン」

esta2.jpg
本当に美味しいパエリャでした。店内は昔の汽車に乗っているような感じ。

ueda4.jpg
エスタシオンから旧市街地までを歩いていくとここでも一面のオリーブ畑が広がっている。

ubeda5.jpg
バスケス・デ・モリーナ広場の世界遺産の「エル・サルバドル聖堂」

ubeda1.jpg
バスケス・デ・モリーナ広場にて

ubeda3.jpg
世界遺産の「カルセル・デル・オビスポ 」現在は裁判所だそうです。

ubada2.jpg
旧市街の通り

◆カロリーナ
カロリーナはリナレス市の北西部にある小さな村、夕方からそのちの教会でのコンサートがあり、美しい夕景を見ながらバスで40分ほどで着きました。小さな広場に沿ってその協会がありましたが、とても素敵な教会でした。協会は日本で言う集会所を兼ねているのでしょう。コンサートが始まり時に鐘が鳴ります。神父さんは愛想が良く、チョット変わった方でしたが、大変お世話になりました。また、演奏中でも、客の入りが少ないとまた鐘を鳴らし、村の方たちにコンサートに来るよう促していました。そのシーンは次のコンサート編をぜひご覧ください。
carol1.jpg
ナヴァス・デ・トロサ教会

carol3.jpg
ナヴァス・デ・トロサ教会わきの街燈

carol2.jpg
ナヴァス・デ・トロサ教会
“Cristo murió para nostros”~キリストは私達のために亡くなりました。
と書いてありました。


=3月9日~10日=サンティステバン・デル・プエルトへ

◆サンティステバン・デル・プエルト
午前中からサンティステバン・デル・プエルトで行われる「コマルカ・エル・コンダード国際ギターコンクール」の審査に参加するため、早朝からこの旅のコンサート準備で大変世話になっている、ホセ・マヌエル・クエンカ氏の車で、1時間30分ほどかけてサンティステバンへ向かう。午前中はサンティステバンの音楽院で、子供たちのためのマスタークラスを担当しました。9人ほどレッスンしましたが、1人13歳の少年はサンスの「カナリオス」とバリオスの「舟歌」を大変上手に演奏していました。上級者のクラスは、マリア・エステル・グスマンが担当。途中少しだけ聴講しましたが、18歳の青年(このコンクール主催者ムニョス氏の御子息)でしたが、ソル「ソナタop15]を見事に演奏していたのも印象に残りました。午後は隣の村まで行ってコンクールの関係者と昼食。その後はサンティステバンの「Casa El Almoraduz」でコンクールの予選が行われました。尚、9日の本選会までのコンクール内容については次回「コンサート・コンクール編」までお待ちください。

santi1.jpg
ホテルについてから近くを散策、あまりの空の色の青さに思わずパチリ!

santi6.jpg
公園も南国風です。

santi2.jpg
街並みから、サンティステバンの城址?


=3月11日(月)=アランフェス⇒トレド⇒マドリッド
コンサートとコンクールを全て予定通り、終了しリナレスからアランフェス、トレドを巡り最終地マドリッドまでの南から北への
旅となりました。天候も恵まれ絶好の旅行日。トレドでの昼食は高級カモ料理を高台のパラドールで味わいました。トレドでは買い物を含め帰国の準備に入った気がしました。

aran1.jpg
アランフェスまでのドライブ中に休憩。日本でいうドライブイン、何かチョット雰囲気が似ていました。

◆アランフェス
ロドリーゴの作曲したアランエス協奏曲」で有名となったアランフェス宮殿をロドリゴ夫妻の新婚旅行の時に歩いた場所を再現すべく楽しみにしていましたが、残念ながら休館日のため宮殿の中には入れませんでした・・。とは言え、快晴の空の下、宮殿の庭を散歩するのも良い感じでした。でもチョット暑かったです。また駐車場に行くまで色々なお店があり、特に豊富な果物を売っている店が目立ち、そこでかった イチゴは本当に甘くて美味しかった。

aran3.jpg
噴水が涼しそうでした。

aran2.jpg
花が咲くのはもう少し先ですね。


aran4.jpg
スペインは自動販売機をほとんど見かけません、珍しので飲もうとしたら壊れていて使用不能でした。


aran5.jpg
スペインは本当に果物が美味しいです!あまり見たことのない果物や野菜があるものですね。

◆トレドへ
43年ぶりのトレド。まず昼食のため高台にあるパラドールへ。ここは食事もさることながら、ここからトレド全景を見れるのがもう一つの魅力となっているようです。眺めは食事をする方のみが許されるのでしょうね。昼食のカモの肉を人数分の13羽を予約していましたが、猟師が7羽しか取れなかったという事で、みんなで分けて食べましたが、それでも持て余すくらいの量。もう食べきれませんでした。カモ肉を堪能していよいよトレド市街へ・・? 所が、バス停から少し歩くとエスカレータ乗り場があるではありませんか!そこから全くイメージが崩されました(笑) トレド市街は道が細く迷路になっているので、トレドの名産象嵌細工や陶器等のショッピングがメインになるようです。

toledo1.jpg
パラドール・トレドからのトレドの眺望

toledo4.jpg
パラドール・トレド

toledo2.jpg
トレドの全景を眺めながらカモ料理を楽しむ・・.。

toledo3.jpg
これが噂のカモ料理。

toledo5.jpg
トレドの通り。象嵌細工や陶器、等沢山のお土産屋さんが並んでいます。

toledo7.jpg
トレドの通りは本当に狭い。

toledo6.jpg
トレドの中心地


◆マドリッド
旅行初日に宿泊したホテルと同じだったので、少しホッとしました。さてマドリッドの夜は、これまた待望のフラメンコを見に行く事になっていました。所が、さすがに旅の疲労が出たのか、フラメンコを鑑賞しながら寝てしまう、というもったいないことをしてしまいました。とは言え、フラメンコのサパテアード、パルマ、そしてカンテ、ギターと一体となり、感動的なステージだったことは間違いありませんでした。
madr7.jpg
情熱あふれるフラメンコ!
madr8.jpg
ギターソロも披露。

=3月12日(火)=
◆マドリッド
今日はマドリッド観光。午前中はプラド美術館、昼食後は自由時間を設けてショッピングやレティロ公園の散歩。またギター制作家カシミロ・ロサーノ兄弟がホテルにわざわざ来てくれたので、ギターのメンテナンスをして頂いた。スペイン最後の夜はホテル近くのレストランでネギ料理?で最後の晩餐。

madr6.jpg
43年ぶりのマヨール広場。ここはほとんど変わっていなかった。懐かしい。

madr4.jpg
プエルタ・デ・ソルはマドリッドの中心地。ここも懐かしい・・1975年フランコ将軍が危篤状態の時にたまたまここにいた。当時、ここはテロで危険な状態だった、人が誰もいないこの広場にいたのは国家警察のみ・・銃口がこっちを向いている・・地下鉄の入口まで遠かったこと・・階段を下りてホッとしたことを覚えている。
その地下鉄に乗ってみた・・ハイテクで全く乗り方が分からない・・やはり怖かった・・。

madr5.jpg
このプエルタ・デ・ソルは日本橋と同じで、スペインの道路の起点はここから!

madr.jpg
レティロ公園は市民の憩いの場。日本と同じくイヤホン付けてジョギングする人、色々な楽器での思い思いの演奏をする人、手作りの工芸品や絵を売る人。見ているだけで結構面白い。このカメラは銀塩カメラ。かなりアンティックな代物だ、どうやって現像し、客に渡すのだろうか?

madr3.jpg
レティロ公園のバルにて43年ぶりのビールを飲む・・うーんこれは時代を超えても美味い!

「コンサートコンクール編」は後日アップします。

スポンサーサイト



スペイン音楽の旅レポートⅠ

 スペイン音楽の旅レポートⅠ       
patio1.jpg
アランブラ宮殿 「獅子の庭」

遅くなりましたが去る3月3日から3月14日にかけて「スペイン音楽の旅」として私を含め12名の門下生の皆さんたちとスペインのアンダルシア地方でコンサートツアーを行ってきました。日本とほぼ緯度は同じなので、寒さを覚悟していきましたが、グラナダの「アランブラ宮殿」を見学した時の曇り空以外は天候に恵まれ、思ったより暖かい日々が続きました。演奏会は、リナレス市にある「セゴビア博物館」でのコンサートをはじめ5回のコンサートとサンテステバン・デ・プエルトで行われた「コマルカ・エル・コンダード国際ギターコンクール」へ2名の門下生が参加したことなど、大変充実した旅となりました。以下写真を含めて「旅行編Ⅰ・Ⅱ」とコンサート・コンクール編と3回にわたって旅を振り返ります。

スペイン音楽の旅 ~アンダルシア旅行編Ⅰ
 3月4日~7日まで
=3月4日(月)=マドリッド⇒マラガ⇒アルムニェカル
3月3日マドリッド一泊後、アトーチャー駅からアンダルシア地方の都市マラガまでは、スペインの新幹線AVEに乗って2時間20分の快適な旅。車窓からはこれでもかと言わんばかりに一面オリーブの木だらけ!如何にアンダルシア州はオリーブの生産に適した土地である事が分かる。ちなみに、オリーブオイル生産量は2位のギリシャの2倍以上というオリーブ生産国です。

avesyaso.jpg
車窓からは果てしなく広るオリーブ畑

malaga1.jpg
マラガ市内からマラガを一望できる高台へ
日本から来て見ると、真っ青な空と日差しの眩しさに圧倒されます。

malaga2.jpg
スペインに来て初めての全員スナップ!こんな所に別荘が欲しと・・皆思ったようです(笑)

alm5.jpg
最初の目的地アルムニェカルへ、さすがにあのギターの巨匠セゴビアがこの地に気に入り、別荘「ロス・オリーボス」を持ったことがうなずけます。

alm2.jpg
ここのホテルに3泊しましたが、南国風のホテルで、
初夏の爽やかな風が気持ちよかったです。

alm1.jpg
アルムニェカルのレストランで食べたパエリャ!
う~ん美味い Muy rico!

alm3.jpg
アルムニェカルの海。この海の向こうはアフリカ大陸。

alm4.jpg
ホテルのベランダにて。爽やかな風が気もちいい!


=3月5日(火)= 白壁の町フリヒリアーナへ
この日は夕方から宿泊先のホテルで「渡辺隆と門下生によるコンサート」があり、となりの街のカロリナーナ音楽院で「小林政貴&渡邊華ジョイントコンサート」が夕方同じ時間に予定されている為、午前中にアルムニェカルから30分ほど内陸にある、白壁の街フリヒリアーナを観光してきました。

frigi1.jpg
山肌に沿って広がる白壁の町は、青い空とじりじり刺すような日差しに良く映え、美しく輝いていました。

frig4.jpg
白壁が日差しで一層映えます!夏は40度を超すそうなので、この時期が一番良い時期だと思いました。

frigi2.jpg
窓やベランダの花が白壁に良く合います。


frig3i.jpg
坂道と階段が多いので、このロバに乗って散策することも出来るそうです。

=3月6日(水)=グラナダヘ
フェネラリフェ⇒アランブラ宮殿⇒アントニ・オマリンギター工房⇒アルバイシン
待望のグラナダ観光!あいにくの曇り空でしたが、幸い神の恵みか雨は降らずにすみ、予定通りグラナダの魅力をたっぷりと堪能してきました。

alha1.jpg
フェネラリフェから見た~アランブラ宮殿とグラナダの街~

alha4.jpg
フェネラリーフェにて 1

alha3.jpg
フェネラリーフェにて 2

alha8.jpg
アランブラ宮殿 1

alha13.jpg
アランブラ宮殿での全員スナップ

alha7.jpg
<アランブラ宮殿 2

alha6.jpg
アランブラ宮殿 3

alha10.jpg
アランブラ宮殿 4

alha9.jpg
アランブラ宮殿から見たアルバイシンとサクロモンテの丘の眺望

alha12.jpg
アルバイシンは道が狭く観光バスが通ると壁にへばりつかないと通れません。

alha11.jpg
アランブラの出口近くでのスナップ。世界遺産を堪能しました。

alha2.jpg
アルバイシンから見たアランブラ宮殿

marin1.jpg
グラナダにはギター制作家が多いが、アントニオ・マリンは別格の名工として名高い。以前から頼んでいた華さんの楽器がついにマリン本人から手渡されました。感激の瞬間です!

marin2.jpg
アントニオ・マリンの工房はグラナダの町の十字路の角に何の看板もなく、ひっそりとたたずんでいました。
私達が帰る時も体調がすぐれない中、玄関先まで出て来て見送ってくれました。名工との別れは一抹の寂しさを感じました。どうぞ、これからもお元気で!

=3月7日(木)=リナレス市へ⇒セゴビア博物館見学
いよいよこの旅の重要な目的はこの日の夜にセゴビア博物館で行われるリナレス市主催のコンサートです。コンサートの次のコンサート編をお待ちください。このセゴビア博物館にはセゴビアが使用していたギターや演奏会で着用した衣服、世界中から送られた称号、プログラム等々大変貴重なものがありました。写真は取れないので映像はありませんが、機会がありましたらぜひ訪れて下さい。

lina1.jpg
セゴビア博物館の中庭。この白壁の向うがコンサートホール

lina2.jpg
ホテルからセゴビア博物館まで皆で歩いて移動しました。リナレス市内を歩いいたのはこの時だけでした。もう少し見たかった・・。

以下は
「スペイン音楽の旅」レポートⅡへ続きます。

2013おんこう会

27日から今日まで、毎年参加している
おんこう会の集まりが那須の北区保養施設「しらかば荘」
でありましたので参加してきました。

GLC(ギターリーダースクラブ)の会員を中心に
まとまりのあるギタリストの仲間でもあります。

集合するととすぐ温泉風呂へ!!いやー1年分の疲れが取れる?かと
思うほどゆったりと浸かって、大満足。

あがるとすぐ夕食!!また豪華な食事に大満足。さっそく乾杯です。

2013onkokai1.jpg

その後は恒例となっている、有志の演奏会。
今年は岡部門下生の松沢氏が花上さんとのデュオで
ドビュッシーの「亜麻色のの髪の乙女」とモーツァルトの「メヌエット」
の2曲を演奏。会場は肌寒い体育館?で行われたせいか始めは少し硬い演奏では
ありましたが、丁寧に演奏していて、楽しめました。最後は松沢氏の独走で
南米のワルツを演奏しましたが、ここでは硬さがとれ、よくリズムに乗り
流れの良い演奏を聴かせてくれました。

2013onkokai2.jpg

その後は岡部、土田両氏が3重奏に編曲された月光のや、パッフェルベルのカノンのなど
を演奏。所見演奏でありながら完成度の高い演奏ですっかり魅了されました。

その後は部屋に戻り、無礼講で様々なテーマを独特の切り口で
語り合いました。
下の写真は、天才女流ギタリスト「イダ・プレスティ」
の素晴らしさを熱く語っていた所です。
だらしない(失礼)格好とはうらはらに中身のある会話が大勢?でした。

2013onkokai3.jpg

次の日の今日は、朝の雪には戸惑いましたが、JAFのおかげで助かりました。
那須にある道の駅「友愛の森」で陶器を眺め、そして全員のスナップ。
気の合う仲間との年に1度のおんこう会で今年い年のスケジュールは
終わりになります。

onkokai4.jpg


2013onkokai5.jpg

イヤー無事に1年間よく乗り切れたと思いますねー
来年もまた元気に参加したいものですがどうでしょうか・・・。

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

達沢の滝へ

今日はお盆休みの中母成峠をへて達沢の滝へ行ってきました。
蒸し暑い郡山市内から原生林の中を歩き、達沢の滝へ、

tzzawaotaki1.jpg
肌寒いくらいの冷たい冷風が心地よかったですねー。

夕方ということもあって、結構暗い道のりでしたがチョット不思議なのは
ここまでの道のり、相当賑やかなセミの鳴き声が全く聞こえなくなりました。
恐らく、滝側から流れてくる川の水がとても冷たくて、肌寒いくらい・・・
この環境がセミには住むことが出来ないのでしょうね。

tazzawanotaki2.jpg
歩く道すがら原生林が多く不思議なパワーがあるような気がして
とりわけ、大きな石をまたいで凛と立つ大木に抱きついて見ました。
何か不思議なパワーを頂いた気がします。(これホントです!!)
ぜひ試してみてください。

テーマ : 旅先の風景
ジャンル : 旅行

滝桜を見て来ました

takizakura13.jpg
三春滝桜2013年4月18日午前11時20分撮影

今年も三春の滝桜を見て来ました。
といってもあまり時間がなくて車で
通過した程度でした。
でも何とか写真は撮れました。

ちょうど満開の滝桜、
やはり王者の風格ですね!!

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

プロフィール

渡辺隆

Author:渡辺隆
福島県郡山市に住むクラシカルギタリスト。ギター教授。ギター演奏グループ「ギタリスタス“あだたら”」主宰

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
みちのくの里にギターが響くよ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR