千本桜から滝桜へ

今日は、愛犬ロンちゃんの眠るペット霊園近くにある「下守屋の千本桜」から
「三春の滝桜」を含め、いくつかの桜を 見て来ました。
ただ、残念ながら天候に恵まれず、せっかくカメラを
持っていったのですが、良い写真は撮れませんでした・・・ 。
毎年の記念に撮っておきましたので 一応、載せておこうと思います。

reien12.jpg
ペット霊園近くの「下守屋の千本桜」がようやく満開になりました。
初七日のお参りを兼ねていって来ました。右上に見える緑色の小屋の下が霊園です。



takizakura12.jpg
「三春の滝桜」。今日は驚くほど空いていました
道路も全く渋滞がなくスムーズに駐車場につきました.
滝桜も満開まではもう少しですが、美しく咲いていました。
まさに横綱、王者の風格でした。
これで、天候が良ければさらに紅色が鮮やかに映えたでしょうが、
かなりの人出だったかもしれません。
案外、今日の曇りの天候が、ゆっくり見ることが出来た
一因でしょうね。

takizakura122.jpg
滝桜の後方からの写真です。このアングルも悪くないですよね。



hokkeji12.jpg
滝桜を見た後は三春町の「法華寺のしだれ桜」を見て来ました。
やはり、曇り空で色はいまいちでしたが、その容姿の美しさは
今年も健在でした。


この後は「紅枝垂地蔵ザクラ」を見に行きましたが、残念ながら、まだ
1分咲き程度で、見ごろはまだ先のようです。
jizouzakura.jpg
なかなか趣のある枝垂れ桜ですが、この桜は
三春滝桜の娘で樹齢約400年と云われる美しい
桜です。 そしてこの桜が福島県内の一本桜としては
東の正横綱「三春の滝桜」に対し、西の正横綱となっています。
(下の写真参照)
満開の時にまた来たいと思います。


sakurabanzuke.jpg
でも、ここに興味深い看板をみつけました。
福島県内(一本桜)番付表です。

結構あるもんですねー意外と?郡山市周辺と三春町周辺に
多い感じがします。
よく見ると勧進元は郡山市のアマチュアカメラマンの会と言うことなので
多少の偏りはありそうですが、それにしても県内には魅力的な
1本桜が多くあるんですね。
まだ、私も見ていないのが近くにも結構ありました。

ほんと、桜は咲いてもすぐ散ってしまうので、満開の時行くのは
難しいですね。何年かかるか分かりませんが、見てみたいものです。
やはり日本人ですね。

そういえば、スペイン留学中に見たアーモンドの花を桜と
勘違いして、喜んだのを思い出しました。
よく似ているんですよね。
スポンサーサイト

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

愛犬の死・・・

我が家の愛犬ロンが死にました・・・・
享年13歳。

一週間ほど前から、呼吸が苦しそうで食事も食べられなくなり
家族中で心配していましたが、とうとう今日21日の昼頃
亡くなってしまいました。
私は仕事のため家にはいませんでしたが、午後女房から
電話を受け知らされました。さすがにショックでした・・・・・。

でも、やっとあの苦しみから解放されたんだなー・・とも思いました。
我が家に来た時からこの日が来ることは宿命で分かっていたのですが、
やはりなくなると辛いものですねー、
今日は家族4人でペット霊園に行き愛犬ロンを埋葬してきました。
そして、・・・やっぱり悲しいです・・。

ron2.jpg
性格はいいのですが多少おっちょこちょいなロンちゃんでした。


ron1.jpg
ママさんが名付けた<むんむん>のポーズ!どんないやな事があっても
家族はこの仕草で癒され笑顔になりました。

チョット照れくさいのですが、はじめてロンちゃんに手紙を
書きたいと思いました。

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○


大好きなロンちゃんへ

ほんと、苦しいのによく頑張ったね・・・・

亡くなってからの顔も笑っているようで

とても可愛かったよ・・・・

おまえにはたくさん大切なものをもらったよ。

わたしはおまえに何もしてやれなかったことを

いま、とても後悔している。

おまえは、この世に生を受けてから今まで

我が家の4人とだけしか接したことがないよね・・・

ほんとうは犬同士で恋人(恋犬?)をみつけ

可愛い赤ちゃんをつくり、家庭を持ちたかったかも

しれないね・・・人間の勝手なエゴで、一生我が家の裏庭で

過ごす犬生?だったよね・・・ゆるしておくれ

でも、わたしたち家族はおまえを心から愛情を

もって、見つめていたことは信じて欲しい・・・

そして、願わくはおまえも我が家で一生を送れたことを

幸せな日々だったと思っていてほしい・・・・

私たちは今日、我が家から数キロ離れた西側にある小高い丘の上におまえを埋葬したよ。

そこは見晴らしがよく、我が家の方向をいつも見ることが出来る。

いつもの年なら、おまえの眼下に見えるの千本桜が満開のはずなのに

今日はまだ咲いていなかったね・・・

本当は、生きているうちにこの桜の下をおまえと散歩したかったけど、

おまえは車が嫌いで、それが出来なかったのがくやまれるね・・・

来年、おまえの命日に千本桜が満開となっているといいね

そしたら家族で花見に行くよ

そして、おまえの黒光りした鼻の先に桜の花びらが舞い落ち、

それを振り払おうとする可愛いおまえの仕草を想像してみよう

きっとママさんが「バカだねおまえは・・」と言って大声で笑うだろうね

そしてママさん手作りのお弁当をたべよう、もちろんおまえの分も

作っていくはずだよ・・・

これからはたくさんの仲間と一緒でよかったね・・・

でも、性格はいいけど、おまえはおっちょこちょいだから、

友達と喧嘩になったりしないようにね・・・お願いだよ・・

ロンちゃん・・・ありがとうね。


                                      おまえのパパさんより

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

いわきの海岸に行って来ました

今日の午前中は、スペインから帰国した今泉仁誠くんが来てくれました。
2月にも一時帰国していましたが、
3月はじめ再び留学先のスペインに帰っていました。

しかし、この大震災で、急きょ再々帰国してきました。
今度は完全な帰国になりそうです。
元気な様子で安心しました。

仁誠くん、これから福島の鏡石町、東京を中心に
フラメンコの伴奏、演奏、教授にと留学の成果を発揮して
くれることでしょう。
応援よろしくお願いしますね。


さて、午後は家族で震災後、はじめていわき市に行って来ました。
現在蹴活中の大学生の息子が珍しく、地震の被災した状況を見てみたい
と行って来ましたので、何かの将来のヒントになるかなと思い、行くことにしました。
(被災者には申し訳なかったのですが・・・)

今日はよい天気で、途中の車から見える山々は新緑の季節を迎え
若葉が青空のなかでよく映えて美しかったです。

いわき市内に入っても特段変わりなく
日常の生活が戻っているように見えました。

しかし、小名浜の海岸沿いに行くと風景は一変して、大津波の
生々しい傷跡が見えてきました。
小名浜から海岸沿いをを見てきましたが、途中、
海外のボランティアの方のが炊き出しをしている姿も見られました。

そして、薄磯海岸付近に来ると、そこには思わず
息をのむ光景が広がっていました・・・。
usuiso1.jpg
福島県は原発の放射能漏れ、がどうしても取りあげられます
それは当然ですが、このように津波の被害も甚大なんですね。
この人たちの声も取り上げて欲しいものです。

iwaki.jpg
就活中の息子、どんな気持ちでこの惨状を見たのでしょうか・・・

周りの状況からみてこのピアノは恐らく子供さんが
練習していたのでしょうね・・・。
usuiso.jpg

がれきの中にポツンとこんな人形が・・・
かなり、そっくりしているので、おそらく震災後に誰か置いて
行ったんでしょうか?津波で亡くなった子供さん
の為だとしたら、あまりにも悲しすぎます・・・
ningyou.jpg

さすがにこの現実に気が重くなってしまいました。
この惨状の先には、何事もなかったように
青々とした海が輝いていました・・、やっぱり美しいんですよね・・・
海に罪はないですよね・・・。

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

プロフィール

渡辺隆

Author:渡辺隆
福島県郡山市に住むクラシカルギタリスト。ギター教授。ギター演奏グループ「ギタリスタス“あだたら”」主宰

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
みちのくの里にギターが響くよ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR