スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虹の木のかなたへ~ギターと口笛によるコンサート~

2017-03-05 虹の木のかなたへ 713

 3月5日「ふくしま再生プロジェクトの会」の主催によるギターと口笛による「虹の木のかなたへ」のコンサートが行われました。会場となったメグレズホールのステージは広すぎました?が、良い響きのホールでした。今回は口笛の世界大会で優勝している口笛奏者の柴田晶子さん、そしてピアノとピアニカを担当した藤野恵美さんとのコラボを交えた贅沢なコンサートを行いました。初めにふくしま再生プロジェクトの会代表の田母神顯二郎先生の挨拶から始まり“ギタリスタスあだたら”からは渡辺 隆・山岡祐子・小林政貴そして東京から駆けつけてくれた渡邊 華が出演しました。第1部は口笛とピアノでビゼーのカルメン組曲などさすが世界一の美しい口笛で感動しました。その後はギターソロで小林政貴・山岡祐子・渡邊 華がこの響きの良いホールで実力を十分発揮してくれました。第2部は田母神先生の二本松出身の長田弘氏の朗読等があり、柴田晶子さんの口笛と渡邊華のギターによる演奏で」コンドルは飛んで行く」や「ニューシネマパラダイス」などとても魅力的な演奏が聴けました。以下はyoutubeで演奏を聴いてくださいね。


アンコールで演奏しました。口笛の柴田さんとピアニカの藤野さんは急遽アンコールに参加、
とても即興とは思えません。楽しいコラボでした。


柴田さんもタンバリンを担当。口笛がとても合いますね。


こちらも楽しく演奏出来ました!!


この作品は昨年12月に亡くなられた佐藤弘和さんの作品です。その追悼の気持ちもあって今回この作品を取り上げました。この曲は未出版でしたが、献呈されたアルポリールギタートリオのご厚意で楽譜を入手ることが出来ました。感謝の気持ちでいっぱいです。
 さて、の作品はスペインの名チェリスト、パブロ・ザルスが祖国のペイン内戦を憂い、ホワイトハウスで反戦を訴えるため演奏した「鳥の歌」を題材にしていることは明白です。彼は演奏する前に「私の故郷カタロニアの鳥はピース、ピースと鳴く」という有名な言葉を残して演奏しました。さて、今日は期しくも3月11日、東日本大震災日です。多くの尊い命が奪われた鎮魂の日でもあります。私の故郷福島、とりわけ第1原発の上を飛ぶ鳥はどんな言葉で鳴いているのでしょうか・・・?私たちの未来はいま原発で働こうとするロボットにかかっています・・・?将来、廃炉が終了したときこのロボットたちはどんな言葉で人間を語るのでしょうか?遙か遠い天国で聞いてみたいものです。


スポンサーサイト

虹の木のかなたに~口笛とギターによるコンサート~

来る3月5日13時30分から郡山市の星総合病院内にあるメグレズホールにおいて
ふくしま再生プロジェクトの主催による口笛とギターのコンサートが開催されます。
ぜひ一人でも多くの方々が来て頂けると嬉しいです。

虹の木の彼方へ

虹の木の彼方へ_2

---------------------ふくしま再生プロジェクトからのお知らせ-------------------------

“虹の木のかたなへ~新しいふくしまのために~”
ギター&口笛&ピアノのコンサートを開催します。
3月5日(日)午後1時30分から、メグレズホール(郡山市)にて。
出演者は、ギタリスト渡辺隆先生、口笛柴田晶子さん、ギタリスト小林政貴さん、山岡祐子さん、渡邊華さん、ピアニスト藤野恵美さん、豪華メンバーです!
柴田さんは、世界大会で優勝した「カルメン・ファンタジー」などを演奏!ギターの演奏は、メルツ「エレジー」、ソル「ソナタ」、佐藤弘和さんがカザルスの鳥の歌に影響され作曲した「鳥の詩」からの曲の演奏があります。東北の風土を身近に感じられる音色となるでしょう。口笛柴田さんとギター華さんの共演もあります。
タイトル<虹の木のかなたへ>は、福島市出身長田弘さんの詩からとりました。長田氏にとっての「木」は原郷でもあり、無垢の経験が刻まれている記憶の森でもあり、現在と過去、未来を繋ぐ架け橋でもありました。震災以降、日々にあふれた、むしろささやかな光景の中に、人生の本質があると語り、それに気づくことが「奇跡」といいます。言葉と音色の響き合うこの時間も「奇跡」なのかもしれません。
入場無料、どなたでも入れます。ぜひいらしてください。

2016年しんぼくコンサート終了報告

2016-12-23 渡辺ギター親睦1 058_1

昨年の12月23日は教室恒例の「しんぼくコンサート」でした。
1年の締めくくりとして生徒の皆さん素晴らしい演奏をしてくれました。
ホールはチョット殺風景ですが、以前はプラネタリュームだった場所でとても響きは良いです。
子供たちの元気な演奏から大人のこだわりを持った演奏、
アンサンブルでは楽しい演奏が続き盛り上がりました。
最後の「あだたら」メンバー4人による演奏ではさすがにレベルが高く
音楽の創り方、技術の確かさなど、他の生徒にも参考になったことでしょう。

2016-12-23 渡辺ギター親睦1 020_1
ふみちゃん頑張りました!

2016-12-23 渡辺ギター親睦1 157_1
初の親子共演!お母さん頑張りました。

2016-12-23 渡辺ギター親睦1 180_1
「2つのギター」を3つのギターで演奏? 素敵な演奏でした!

2016-12-23 渡辺ギター親睦1 129_1
1日前の12月22日、ギタリストで作曲家の佐藤弘和さんがなくなりました。
青森県生まれの同じ東北出身で、多くのギター作品、編曲作品等を
残してくれました。追悼ととして彼の作品「たそがれ」を演奏させて頂きました。

2016しんぼくコンサート3
響きの良いホールです。
あだたらのメンバーによる演奏で締めくくられました。

しんぼくコンサートの画像集は下からダウンロードできます。

2016年しんぼくコンサート写真集

2016年しんぼくコンサート

いよいよ毎年恒例の
教室恒例の「2016年しんぼくコンサート」
が郡山市ミューカルがくと館中ホールで行われます。
10:30~17:00頃まで開催しています。
入場無料です。
時間のある方是非聴きに来てください。
DSC_0994 (1)

ラファエル・アギーレ・ギターリサイタル

DSC_0783.jpg

スペインの新鋭ギタリスト、ラファエル・アギーレの演奏会を聴きに
栃木県の大田原市あるに那須野が原ハーモニーホールへ行ってきました。
以前からyou tubeなどで素晴らしいテクニックと多彩なレパートリー、とりわけスペイン音楽のすばらしさにぜひ聴いてみたいギタリストの一人でした。幸い隣県で2,000円で聴けるという幸運もありワクワクした気分で会場へ行きました。
さて待望の演奏!椅子に座るやいなやプジョールの3つの小品から始まりました。持っていた印象はテクニックを前面に押し出したパワフルな演奏を想定していましたが、見事に期待を裏切られました?出てくる音楽は実に繊細で、テクニカルなパッセージはむしろ意外なほどアッサリとさりげない演奏。少し困惑しましたが聴きこんでくると彼特有の造形美なのだと納得しました。次のバッハの「シャコンヌ」あまりのさりげない出だしに戸惑いましたが聴きこむにつれて精神性の高い音楽として納得する演奏でした。スケールは的確で恐ろしいほどの速さでしたが極力抑制的にむしろ技巧を前面に出したくないという印象でした。後半のスペイン物はさすがでした。アルベニスの「コルドバ」と「朱色の塔」をアタッカ気味に入って聴かせましたが、この2曲って小品なんだーと思いました。途中で演奏した「ロマンス(禁じられた遊び)」のいじらしいほど真剣な演奏ぶりに何か申し訳ない気持ちになったのは私だけでしょうか?ともかく久々に素晴らしい演奏会を聴きました。終演後にCDを買おうとしたら何と私の前で売り切れ!!ああ~と思ったら生徒が2枚買っていたのでそれを譲ってもらいサインして頂きました。最後だったのでアギーレと少し話すことが出来ました。気さくな好青年?という印象でした。昨夜は渋谷で美味しい日本の料理とお酒を飲み、すっかり気に入ったそうです。このコンサートが日本公演の最初でした。そのコンディションのなかでこれだけの完成度と彼自身の音楽が聴けたことに大満足でした。少し残念だったのは、コンサートホールが外見の素晴らしさに比べ以外に響が悪かったこと。アギーレには気の毒でした。

aguirre_con3_n.jpg

aguirre_con4_n.jpg

aguirre_con1_n.jpg

DSC_0793.jpg




プロフィール

渡辺隆

Author:渡辺隆
福島県郡山市に住むクラシカルギタリスト。ギター教授。ギター演奏グループ「ギタリスタス“あだたら”」主宰

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
みちのくの里にギターが響くよ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。