濱田滋郎先生喜寿祝賀パーテイー

2月24日、東京の新宿のホテルで行われた「濱田滋郎先生喜寿祝賀パーテイー」
に行って来ました。

さすがに、ギター界(クラシック、フラメンコ、中南米音楽、他)に多大な貢献を
している濱田先生の喜寿パーテイーとあって、その関係者が一堂に会した
大人数のパーテイーでした。200~300人、いやそれ以上かなー?。

会場に入るとすぐ村冶佳織さんにお会いすることが出来ました。家族と一緒に
いらっしゃいましたが、少しお話をさせて頂きました。昨年の11月頃から指の
不調でコンサート活動を休止していましたが、順調に回復し、演奏活動を開始
したそうです。
元気な様子をみて私もホッとしました。、でも、くれぐれも無理をせずマイペース
で、活動して欲しいものです。

hamadakiju4.jpg
もしこの時間に震度7の直下型地震が来たらギター界は大変だー・・・なんて不謹慎な
ことも頭を過ってしまいました。

ひとしきり恒例の各関係者の代表の祝賀あいさつがありましたが、
やはりメインはどのギタリストが 祝演奏するかが注目されました。
クラシックではまず若手のホープ大萩康司さんが登場。
C.カルデルの「思いの届く日」を 豊かな表現力で演奏。
2番手は福田進一さんの登場。V.ロボスのショーロスNo.1を軽快に演奏。
そして、 最後に、荘村清志さんが登場し、I.アルベニスの「グラナダ」を
風格さえ感じる見事な演奏で締めくくってくれました。

hamadakiju8.jpg
最初に演奏した大萩康司さん。
演奏前のあいさつの中で、ハバナ国際ギターコンクールで2位になったとき、
審査員だった濱田先生から「この人は必ず世に出てくるギタリストです」
という言葉を頂きそれが今日までの支えになっていました。と話していました。

hamadajiju2.jpg
演奏後の福田さんと熱い抱擁。決して誤解のないように・・失礼しました。

hamadakiju3.jpg
クラシック最後に荘村さんの演奏。皆さん聴き入っていました。

また、フラメンコの部では、エンリケ坂井さんのギターとカンテ。佐藤佑子さんの
素晴らしいバイレが とても印象的でした。それぞれ日本を代表するパフォーマンスでした。

hamadakiju5.jpg
ロルカのいう「ドゥエンデは宿ったか・・・!」素晴らしかったです。

しかし、そのほか、多くの方々と旧交温めることが出来たり、
意外な方とお話が出来たりと私にとっても 意義深いパーテイーでもありました。

この祝賀会で濱田先生から2つのプレゼントがあありました。
まず1つは、 以前からライフワークの1つにしている編曲作品の中から
メキシコの生んだ 作曲家G.カルデイナスの歌の編曲もので、「FLOR~花~」
という手書きの楽譜のコピーを頂きました。

さらに、驚くことに、この曲を濱田さん自身の演奏で聴けたことも嬉しいプレゼントでした。
(実際弾いてみると結構難しい編曲ですです)

「数多いアマチュアギタリストの中で、60年弾き続けていて
最も下手な私が、日本を代表するギタリストの集まりの中で弾くのは、
大変恐れ多いことですが・・・」といって演奏して下さいました 。
派手さはないものの訥々と語りかけるような演奏から、 音楽の本質を感じることが出来ました。
とても素敵な演奏でした。
hamadakiju.jpg 
祝賀会の最後を飾るにふさわしいマエストロの演奏。

hamadakiju9.jpg
真剣なまなざし。終演後、会場全体がどよめくような拍手と歓声は、
決して儀礼的なものではなく、心からの称賛の拍手でした。

hamadakiju6.jpg
手書きの楽譜。とても丁寧に書かれていますね。裏にも手書きで
作曲家のプロフィール が詳しく書いてありました。

そして、もう1つは20年続けてきた、~「清里スペイン音楽祭」の
20年~と題した本も頂きました。 さすがに素晴らしい音楽祭だったんですねー、
出演者も大変な人数、 そしてその内容も素晴らしものでした。
なるほど、この音楽祭でクラシックとフラメンコという、
繋がりがありそうでなかった関係が親密になっていったことでも
大きな成果を上げていた音楽祭だったんですね・・・。

最後に濱田先生の特技?が書かれていたのでそれを付記しておきます。
それは「いろは歌」を創ることです。
~すなわち仮名文字48字を七五調の韻律と共に万遍なく1回だけ使って作る詩
~{本から引用しました}

それを手書きで書いた「いろは歌」がありましたので 記させて頂きます。
hamadakiju7.jpg
確かに素晴らしいしですね・・これ以外にも沢山この「いろは歌」を
書いているそうです。どんな頭脳なんでしょうか?やはり
父君である童話作家濱田廣介氏の血を受け継いでいるからでしょうか。

これからも益々ギター界発展のため厳しくもあの優しい目で見守ってくれることを
願っています。
スポンサーサイト

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

プロフィール

渡辺隆

Author:渡辺隆
福島県郡山市に住むクラシカルギタリスト。ギター教授。ギター演奏グループ「ギタリスタス“あだたら”」主宰

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
みちのくの里にギターが響くよ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR