スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音好会行って来ました。

音好会行って来ました。
今年も有意義な2日間でした。

やはり那須高原は雪が積っていて東京から来た車は
途中でタイヤチェーンを取り付けなければ走れない
状況でした。
何とかチェーン取り付け、無事宿泊先の北区の宿泊施設へ到着、
約1時間ほど予定より遅れたでしょうか。

美味しい食事の後、いよいよコンサートの始まり、
まず音好会の御大岡部匡美さんの演奏会です。
演奏曲は

自作曲2曲
月光(F.ソル)
モーツアルトの魔笛の主題による「変奏曲(F.ソル)
エンデチャとオレムス(F.タルレガ)
アラビア風奇想曲(F.タルレガ)
別れ(パジェット)

まず始めにいきなり、いろは歌<色は匂へど 散りぬるを・・・・>
を語り始めたのにはチョットびっくり、でもこの歌をヒントに生まれた
作品だそうです。その他もう1曲の自作を弾きましたがどちらも親しみやすい
作品で好感がもてました。

このコンサートは今年亡くなった妹さんの追悼のためということもあって
何か、その「お世話になりっぱなし」だった妹さんへの愛情が伝わってくる
味わい深い名演でした。

続いては、吉田峰男さんの新作「鉄道員~ぽっぽや~」。
この作品は小説家浅田次郎氏の作品です。ご存じのように
1999年高倉健の主演で映画化され大ヒットした映画です。
吉田さんはこの映画に感銘を受け、約50分に及ぶギター弾き語り
の作品に仕上げた大変な力作です。

onkokai1.jpg

全体に、<弾き語り>ではありますがレシタティーヴォ風の作品であって、
語りの部分がストーリーを進めるのに重要な役割を果たしていると感じました。
しかし話し方は北海道弁をうまくおり交ぜるなど、ストーリー
がとても自然に伝わってきました。

これだけの大作を全て暗譜で弾くことも凄いのですが、セリフも
覚えて演奏するというのは並大抵の努力ではないでしょうね。
来年6月ごろに、演奏会を予定しているそうです。
ぜひ、多くの方が聴きに行ってくれる事を願っています。

番外として、お酒を飲見ながらもバッハのシャコンヌを弾いた
榎本裕之さんの演奏も大変面白かったです。

さすがに、パーフェクトには遠い?ですがここでこの曲を弾く
という無謀?な挑戦にまず拍手です(バッハには叱られそうですが・・・)
酔っているとはいえ出てくる音は時折ハッとするようなビブラートがあったり
全体として、スラー、アーテイキュレーション等にこだわりを感じました。

榎本さんも来年にコンサートの予定があるそうです。
「シャコンヌ」今度はシラフ?で演奏するハズですから相当期待出来ますよ。

深夜から朝?にかけては、演奏に対する評価や、意見などいろいろと飛び出し
大変有意義で収穫の多い時間でした。

次の日は、「友愛の森」という那須の道の駅に寄ってきました。
ギターを弾くには最適なホールがあったので思わず
そこでギターを試奏。土田直之さんの見事な演奏が心地よく
響き渡っていました。

onkoka2.jpg

係りの人に相談すると、どうやら演奏出来そうな場所だそうで
いつか実現するかも知れませんね。

午後は、音好会の後いつも寄る千本松牧場へ。
昼食を美味しく食べるため皆で牧場内を散歩

onokai4.jpg
途中にあった千本神社のまえでのスナップ。
そういえば以前にも全く同じ場所で撮った所ですね。

onkokai3.jpg
皆で食べた焼き肉は美味でした。
ビールがあればなお良かったですが・・・

これで、今年の音好会は終了ですね。
来年もまた来たいと思います。

いやー何だか長い文章になってしまいました。
今日、明日大掃除があるのに・・その反動かな・・・。


スポンサーサイト

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

渡辺隆

Author:渡辺隆
福島県郡山市に住むクラシカルギタリスト。ギター教授。ギター演奏グループ「ギタリスタス“あだたら”」主宰

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
みちのくの里にギターが響くよ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。