スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川俣町のコスキン・エン・ハポン

昨日は川俣町で行われているCosuqin en Japon(コスキン・エン・ハポン)
に初めて行ってきました。今年で38年を迎えた、国内最大級の中南米音楽祭です。

以前から興味はあったのですが、忙しさにかまけて行かなかったのかもしれません。
今年はいつも東京へ行くとお世話になっている茨城の木村義輝先生が門下生2人で結成した
「ギターアンサンブルあすか」のコスキン10回連続出場の表彰があるという事もあって、
応援のため以前から来ることが分かっていました。
この機会にこちらでお会い出来るということで行くことにしました。
結論は行って本当に良かったです!

川俣町をあげての大イベントで、町民の皆さんの熱意がとてもよく伝わって来ました。
昨年の震災の影響があるにもかかわらず、全国から熱心な中南米音楽ファンが大勢駆けつけていました。

cosquin1.jpg
木村義輝先生夫婦とギターアンサンブル「あすか」の応援に来た
生徒の皆さんと会場入り口にて。

「ギターアンサンブルあすか」は男79歳、女6?の2人のデュオで、
ステージでは「コンドルは飛んでゆく」と「灰色の瞳」の2曲を演奏、
良い雰囲気が出ていました・・・しかし途中で止まるアクシデント。
良く見ると女性の右手小指が痛々しい包帯に包まれているではありませんか!!
なんでも2日前に小指を骨折したそうです。普通なら演奏は無理でしょうが、
木村先生からは、「動かせる指が3本あるから大丈夫」と言われたそうです。
これは生徒の心理を見抜いた木村先生ならではの愛情だったのでしょうね・・・・

cosquin2.jpg
演奏中の「あすか」の二人、女性の右指の包帯が痛々しいのですが、
10年連続出場で今回は表彰されました。
会場から温かい励ましの拍手と笑顔・・・
その後は会場全体和やかな空気に包まれていました。

ほんの一部しか聴けませんでしたが、
他にも山形から来たギタートリオ「ギタースクエア」、
アルゼンチンの音楽を好演、。一列目で熱心に聴いていた
アルゼンチン大使館関係者を大いに喜ばせていました。
そのほか、名古屋から普通列車で乗り継いできたという名古屋大学
の学生のフレッシュな演奏や、
埼玉からきたお母さんのグル―プ「パチャママ」の手話付の歌も素敵でした。
また東大の学生のグループの演奏も楽しかったですが、
2曲とも東大生が作曲したもので、これもチャランゴやケーナ、
パンフルートを使うとフォルクローレになる?のかな・・・。

私は厚かましくも、木村先生夫婦、そして生徒の皆さんと行動を共に
させていただきました。

cosquin3.jpg
終演後、休憩の皆さんの所へ、「あすか」の連続出場10年の表彰状と
応援にいった皆さん。

cosquin4.jpg
木村先生の奥様が作った連続10年記念のお赤飯、そして煮物も
とても美味しかったです。(厚かましく頂きました・・・汗)

cosquin5.jpg
コスキン演奏後、希望すれば町の中心にある蔵で30分ほどのコンサートを
持つことが出来ます。「あすか」の二人も夕方からステージに立ちました。
ここでのメインは演歌!、悲しい酒から、与作までしみじみと聴かせてくれました。
会場からも思わず「与作はきーをきる~~~」と歌声が聞こえて来ました。

木村先生は実際、子息の大君や祐君のようなギタリストを育てたり、
門下生が数多くコンクールで入賞するなど、生徒には厳しい先生と
思っていましたが、ここでは全く違う面を見ることが出来ました。
生徒に対する優しさと気遣いを随所に感じることがありました。
ここでもマイクの向きが少しでもおかしいと直ぐステージに上がって
自ら調整します(。ウーン見習わないと・・・)

そして夕食は門下生つながりで?川俣町にある
材木商を営む大きな民家にお邪魔をして夕食までご馳走になってしまいました。
でもそこで食べた玄米とギョーザ、さらにイチジクの甘露煮?本当の美味しく頂き来ました。
cosquin6.jpg
そして、80過ぎ?のおじいちゃんのお話には心を打たれました。内容は悲しいもので、
所有している山の杉が放射能に侵されてダメになってしまったこと。
自分も放射能汚染で横浜に一時避難していたこと。
いまだに孫とひ孫が新潟に避難していて会えないこと。など、寂しそうにお話されていました。
そうです、川俣町の一部が今も計画的避難地域に指定されている現実もあるんですよね・・・
何とも言えない、やるせない気持ちになりました・・・。

コスキン・エン・ハポンでの華やかなステージ、
そしておじいちゃんの話し、木村先生と生徒さんの絆、
いろいろなことを教わった川俣のコスキン・エン・ハポン
ではありました。

最後に厚かましくお邪魔したにも関わらず快く
接してくれた木村先生御夫婦、生徒の皆さん
本当にありがとうございました。
スポンサーサイト

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

渡辺隆

Author:渡辺隆
福島県郡山市に住むクラシカルギタリスト。ギター教授。ギター演奏グループ「ギタリスタス“あだたら”」主宰

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
みちのくの里にギターが響くよ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。