スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第26回くるめギターアンサンブル定期演奏会が終了しました。

26kurume1.jpg

今日は、郡山市公会堂において
第26回くるめギターアンサンブルコンサートが行われました。

昨年は日本大震災でこの公会堂が使用できず、別の場所でのコンサートでしたが
今年は修復も終わり、一昨年に続く2度目の公会堂でのコンサートとなりました。
新部員も2名加わり19名のメンバーによる定期演奏会となりました。

26kurumepro.jpg

コンサートはいつもの3部構成で、第1部はポピュラーな曲目が並びます。
まず、昨年のアンケートの要望から選曲された「星に願いを」から始まり、
部員の七海氏編曲によるP.サイモンの「Mrs.ロビンソン」。
そしてジブリアニメ「ハウルの動く城」から「人生のメリーゴーランド」。
そしてこれも部員の佐藤氏の編曲による「時代劇メドレー」で
暴れん坊将軍~大岡越前~水戸黄門~必殺仕事人と続く演奏で会場からの大拍手。
ユニークなプログラムで聴衆を飽きさせませんでした。

26kurume2.jpg

2部はメンバー有志4組による重奏と、聴衆の皆さんと一緒に歌うコーナー。
ここでは荒井由美の「卒業写真」、そしてNHK取り上げられ、
歌われている「花は咲く」をみんなで合唱しました。

26kurume3.jpg

演奏の合間に見る簡易控室。
演奏終了直後に汗をかいた分だけ?水分補給するHクン。
そして、つぎの演奏曲を慌ててさらうYサン、そして
次の進行を確認するTサン。
いい光景ですね・・・
それを撮っていたW氏は何してるの・・・
という気もしますが(汗)

26kurume4.jpg

第3部は再び合奏で、10分を超える大曲、ハイドンの交響曲第103番より
第2楽章「アンダンテ」を演奏。
くるめギターアンサンブルの実力を充分発揮してくれました。
とくにコンサートマスターのソロご苦労様でした。
大役立派に果たしましたよ。

アンコールは、東日本大震災の時に復興のシンボルとして歌われた
「明日という日が」が演奏され。満員の客席から惜しみない拍手が送られていました。

くるめギターアンサンブルの皆さんお疲れさまでした。
そして、温かい拍手を送り続けてくれた
聴衆の皆さん本当にありがとうございました。

アンケートへのご協力ありがとうございました。
次回の参考にしたいと思います。

また来年の定演もよろしくお願いします。

スポンサーサイト

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

渡辺隆

Author:渡辺隆
福島県郡山市に住むクラシカルギタリスト。ギター教授。ギター演奏グループ「ギタリスタス“あだたら”」主宰

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
みちのくの里にギターが響くよ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。