スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山下和仁インタビューとデビューリサイタルの話

6月3日、横浜フィリアホ-ルで山下和仁のリサイタルが行われ
それを聴いたふみあきクンから興味深い山下さんのインタビュー記事を
紹介してもらいました。

これが、確かに天才山下さんらしい言葉で語られているので
ぜひ紹介したいと思いました。

次をクリック
フィリア通信:山下和仁インタビュー

<山下さんの目指す音楽はどのようなものでしょうか?>
という問いにたいして

私の演奏はたいしたものではないです。私はからっぽなのかもしれません。
心がけているのは、良い曲目を選ぶこと。あとは楽器を手に、楽器の自然のせせらぎを待ちます。

という言葉はあのミスター長嶋茂雄氏の話し方と似ていませんか?
天才特有?の言葉づかいですね。



実は、1978年(昭和53年)3月19日、銀座ヤマハホールで行われた
山下和仁デビューリサイタルを聴きに行ったんです。凄かったので
そのときのことをチョット書きます。

その日は銀座の有楽町駅から歩いて行ったのですが、ヤマハホールの近くになると
かなりの人が並んでいました。はじめは、タレントのサイン会?
でもあるのかな?と行列を通り過ごして行きましたが
それが、驚いたことにヤマハホールにつながっているではありませんか!!

しかも皆さんチケットをすでに持っているんです。私は、当日券で入れると軽い気持ちで
やってきたのですが、これにはびっくり!!案の定、当日券はなく、
しかもチケットがあっても入りきらない人数で、主催者が大慌て・・・。
こんな時は無性に聴きたくなるもので、何とかしなくては・・と諦めずにロビーで
うろついているうちに演奏が始まってしまいました。~チェロ組曲第3番全曲~長いです・・・

アアダメか!というとき一人の男性が誰かを待っているらしく、入れずにそわそわしていました。
思わず、「もう、来ないかもしれませんね、だったらそのチケット私に譲ってください」と話を
して、何とかチケットをゲット!2曲目から聴くことが出来ました。

しかし、会場に入ると何と壁際はもちろん、通路という通路は客で埋まり大変な状況でした。
後にも先にもこれだけギッシリの聴衆の中で聴いたコンサートはこのコンサートだけでしょうね。
今だと消防法で許可されないでしょうが・・・。

ともかくすごい熱気の中のコンサートでした。演奏も素晴らしかったのですが、アンコールの時に
ステージで転んでしまったのを覚えています。

その後郡山市で演奏会があったとき、お話する機会がありましたが、ステージではよく
転ぶそうです。

このデビューリサタルからはや33年ですね・・・
でも私同様このリサイタルを聴いていたギター関係者も多かったでしょうね。

そうそう、わたしにチケットを譲ってくれた男性の方
本当にありがとうございました。

来られなかった方とのその後は、少し気になりますが・・・。

yamashia.jpg
「山下和仁デビューギターリサイタル」のプログラム
スポンサーサイト

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

貴重なお話ですね

こんばんは。ふみあきさんのmixi日記からやってきました、NAOと言います。
山下さんのデビューリサイタルを聴かれたのですね。貴重なお話をありがとうございました。
それにしても、ギターコンサートで長蛇の列というのは異例ですよね。33年前のプログラムもきれいに残してあり、感心しました。
プロフィール

渡辺隆

Author:渡辺隆
福島県郡山市に住むクラシカルギタリスト。ギター教授。ギター演奏グループ「ギタリスタス“あだたら”」主宰

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
みちのくの里にギターが響くよ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。