スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放射線量を測りました

先日、生徒から放射線量を測る「MODEL25-1」という線量計を貸してもらいました。
それで、わたしの生活領域でどれだけ放射線量を受けているか測ってみました。

このタイプは積算線量を表示出来るタイプなので、2日の積算放射線量調べ
それを48時間で割り1時間当たりに受ける放射線量を計算してみました。

48時間で18マイクロシーベルト計測されましたので1日で9マイクロシーベルト
1時間当たりの放射線量は0.375μs/hという結果でした。

ということは現在と同じ放射線漏れが1年間続くと仮定して、年間の積算放射線量は
3.285ミリシーベルトになります。

ただし、わたしの場合、仕事がら室内での計測がほとんど
なのでこの数字なのでしょう。

ちなみに、最近の郡山市における毎時放射線量は約1・30μs/h前後ですから年間
に換算すると約11.388ミリシーベルトとなります。

確かに国が定めている基準値20ミリシーベルトにはまだ余裕がありますが、
こと子供に当てはめてみると年間1ミリシーベルト以内という目標を達成するには
現在よりも1/10以上減少させなければなりませんね。これは大変なことですが、
なんとしても成し遂げて欲しいものです。

senryoukei2.jpg
部屋に置いた場合はほとんど0.00を指していますが、
時々0.01になったり窓をあけておくと0.02の時もあります。
この線量計の単位はミリシーベルトなので、
1マイクロシーベルトは0.01μsになります。

senryoukei1.jpg
これは我が家のホット・スポット!雨といの下にある土壌
から28μsの放射線量が検出されました、驚きです!
しかし、そこから1mぐらい離れると数値は1μsくらいになります。
この土どうしよう・・・東電に処理してもらおうかナ・・・。


今日は、南相馬市と伊達市の一部も放射線のホット・ポイントがあり、
避難の対象になりそうですし、伊達市の市内の小中学校と幼稚園、保育園に通う
児童、生徒、園児約8000人全員に小型線量計を配布するという
ニュースがありました。本当に子供たちが心配ですね・・・

政治家のみなさん、どうぞ福島の南相馬市や飯館村に来て政治論議をしてください。
いま、あなた達が頑張って大連立とやらにうつつを抜かし、意地を張った政治論議が
いかに愚かな、そして被災者の心情とかけ離れた議論をしているか少しは分かるはずです!!
スポンサーサイト

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

渡辺隆

Author:渡辺隆
福島県郡山市に住むクラシカルギタリスト。ギター教授。ギター演奏グループ「ギタリスタス“あだたら”」主宰

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
みちのくの里にギターが響くよ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。