スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラファエル・アギーレ・ギターリサイタル

DSC_0783.jpg

スペインの新鋭ギタリスト、ラファエル・アギーレの演奏会を聴きに
栃木県の大田原市あるに那須野が原ハーモニーホールへ行ってきました。
以前からyou tubeなどで素晴らしいテクニックと多彩なレパートリー、とりわけスペイン音楽のすばらしさにぜひ聴いてみたいギタリストの一人でした。幸い隣県で2,000円で聴けるという幸運もありワクワクした気分で会場へ行きました。
さて待望の演奏!椅子に座るやいなやプジョールの3つの小品から始まりました。持っていた印象はテクニックを前面に押し出したパワフルな演奏を想定していましたが、見事に期待を裏切られました?出てくる音楽は実に繊細で、テクニカルなパッセージはむしろ意外なほどアッサリとさりげない演奏。少し困惑しましたが聴きこんでくると彼特有の造形美なのだと納得しました。次のバッハの「シャコンヌ」あまりのさりげない出だしに戸惑いましたが聴きこむにつれて精神性の高い音楽として納得する演奏でした。スケールは的確で恐ろしいほどの速さでしたが極力抑制的にむしろ技巧を前面に出したくないという印象でした。後半のスペイン物はさすがでした。アルベニスの「コルドバ」と「朱色の塔」をアタッカ気味に入って聴かせましたが、この2曲って小品なんだーと思いました。途中で演奏した「ロマンス(禁じられた遊び)」のいじらしいほど真剣な演奏ぶりに何か申し訳ない気持ちになったのは私だけでしょうか?ともかく久々に素晴らしい演奏会を聴きました。終演後にCDを買おうとしたら何と私の前で売り切れ!!ああ~と思ったら生徒が2枚買っていたのでそれを譲ってもらいサインして頂きました。最後だったのでアギーレと少し話すことが出来ました。気さくな好青年?という印象でした。昨夜は渋谷で美味しい日本の料理とお酒を飲み、すっかり気に入ったそうです。このコンサートが日本公演の最初でした。そのコンディションのなかでこれだけの完成度と彼自身の音楽が聴けたことに大満足でした。少し残念だったのは、コンサートホールが外見の素晴らしさに比べ以外に響が悪かったこと。アギーレには気の毒でした。

aguirre_con3_n.jpg

aguirre_con4_n.jpg

aguirre_con1_n.jpg

DSC_0793.jpg




第36回ギタリスタスあだたらギター演奏会のお知らせ

36AdatadaConcert.jpg

第36回ギタリスタスあだたらギター演奏会が行われます。
今年は出演者が5人です。
今年から日本大学芸術学部1年生になった渡邊華さん、
そして3年ぶりの出演となる富塚康晴くんの自編によるバイスの組曲、
そしてことし初出演となる高校2年生の輿石日菜子さんのフレッシュな演奏が楽しみです。
小林政貴君の成長した姿も楽しみ。
そしてなにより山岡祐子さんは今年の3月に行われた仙台ギターグレード試験で1級を受験し、見事に合格!
更に6年ぶりとなる審査員特別賞を獲得しました。
話題の付きないコンサートです。
興味のある方はぜひご来場ください。

~ふくしまの記憶と祈り~コンサートが終了しました

 去る3月20日、<ふくしま再生プロジェクトの会>主催による’ギタリスタスあだたら’のギター演奏会が無事終了しました。このコンサートは「ふくしまの記憶と祈り」と題して行われました。コンサートの始まりにはプロジェクトの会代表の田母神顯二郎氏が会の趣旨を説明し中間部にはふくしまの現状などをスライドを用いて報告するなど、大変興味深い内容が含まれていました。

東日本大震災から5年がたち大部分の人たちは震災前のように普通に生活しています。しかし反面過去の記憶になりつつある大切なものを忘れてはいけないこと。そして失われた多くの犠牲者への追悼。今なお仮設住宅に住み原発事故の影響がら逃れられない人々、県内外の避難者は合わせて3月28日現在97,333人いることも現実です。そしてこれらの人たちを含め福島にも未来はあります。その未来に向かってわずかではありますが前に進む小さな一歩となるコンサートにしたいという思いがありました。

2016-03-20 福島の記憶と祈りコンサート2 095_01

こちらには主催した~ふくしま再生プロジェクトの会~がアップロードしたコンサートの模様が詳細に書かれていますぜひご覧になってください。↓クリック!
【Report】3/20「ふくしまの記憶と祈り」~空と大地の物語~

コンサートのお知らせ

来る3月20日、郡山市のミューカルがくと館中ホールにて
ギタリスタスあだたらメンバーによる演奏会のお知らせです。
今回の主催は「ふくしま再生プロジェクトの会」代表:田母神顯二郎氏(明治大学教授)
が行います。このプロジェクトは東日本大震災後の福島のために
 少しでもお役に立てればと、三年前より、チャリティ・コンサートや
 仮設住宅訪問を中心に種々の活動を行って来ています。今回は
私の主宰するギタリスタスあだたらのメンバーによる演奏会を開催したいと
いうお話があり、その会の趣旨に賛同し、開催することにしました。
コンサートは【ふくしまの記憶と祈り~大地と空の物語~】というタイトルで行われます。

各メンバーの独奏とアンサンブル、そして会場全員で歌うコーナーや
「ふくしま再生プルジェクトの会」代表の田母神顯二郎氏による
 ●「ふくしまへの願い」と題したお話や
 ●福島の映像 川内村と被災地 
の紹介なども予定されています。
会の趣旨とギター演奏に興味のある方はぜひご来場ください。

[申込み&問い合わせ]
   ふくしま再生プロジェクトの会 鈴木康代
   お申し込みをされる方は、メールかFAXでお名前、ご連絡を明記の上、
   ご連絡願えればと思います。
   メール skyasu39@ybb.ne.jp  FAX 024-942-6406   
再生プロコンサート

詳細はこちらをご覧ください↓
ふくしま再生プロジェクト
3月20日ふくしまの記憶と祈り~大地と空の物語~開催決定!

ニューイヤーコンサートのお知らせ

間際になってしまいました(^^;)
明日、31日は東京浅草にあるミレニアムホールで
日本・スペインギター協会主催のニューイヤーコンサートが行われます。
協会会員の演奏他、昨年のスペインギター音楽コンクール入賞者、
そして昨年10月に協会版「にスペインギター音楽名曲コレクション第1集」
が現代ギター社より出版されました。コンサートではこの曲集の出版記念演奏もあります
私も出演します。まだ間に合います、ご来場いただける方は
ぜひ来てくださいね。
ニューイヤーコンサート2016
プロフィール

渡辺隆

Author:渡辺隆
福島県郡山市に住むクラシカルギタリスト。ギター教授。ギター演奏グループ「ギタリスタス“あだたら”」主宰

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
みちのくの里にギターが響くよ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。